お勧め作品「ファーゴ」

映画「ファーゴ」は、1996年に製作されたコーエン兄弟の映画です。コーエン兄弟が初めてアカデミー賞脚本賞を受賞した作品で、それまでは批評家には高評価でも一般人にはウケないと言われていたコーエン兄弟作品の中で、約2400万ドルの興行収入を挙げるヒット作となりました。お得意の誘拐をテーマにしたサスペンス作品で、ノースダコタ州の都市ファーゴとその周辺を舞台に、狂言誘拐をめぐる人間模様を描いています。

ストーリー

1987年のミネソタ州ミネアポリス。自動車セールスマンのジェリー・ランディガードは、本人曰くのっぴきならない事情から多額の借金を抱えていました。ジェリーはその借金を何とか返そうと、裕福な義理の父親ウェイド・グスタフソンに投資話を持ち掛けますが、ウェイドは頼りない娘婿に金を預ける気配はこれっぽっちもありません。そこでジェリーは自身の妻ジーンを誘拐させ、義父に8万ドルの身代金を払わせようと狂言誘拐の計画を立てました。ノースダコタ州ファーゴでジェリーは、整備工場のメカニックに紹介されたカール・ショウォルターとゲア。グリムスラッドという二人のチンピラを雇い、細かく計画の打ち合わせを行います。ジュリーは二人に、仕事用と誘拐の報酬として、販売店から持ち出した車を引き渡しました。2人は計画通り妻のジーンを誘拐しますが、ナンバープレートの無い車で走っていたためにパトカーに止められてしまいます。後部座席に人質に気付かれそうになり、短気のゲアは思わず警察官を殺してしまいます。さらに警察官の死体処理をしていた彼らを偶然見てしまった通りすがりのカップルも勢いで殺してしまいました。

女性署長・マージ

身代金さえ受渡せばだれにも知られずに済むはずだった狂言誘拐に、被害者が出たことで捜査の手が伸びてきます。この殺人事件の捜査に乗り出したのは、妊娠中の女性署長マージ・ガンダーソンでした。彼女は地道な聞き込み捜査を行い、犯人たちの足取りを追っていきます。そしてマージは殺害された警察官がメモをしていた車の情報から、当該車種のディーラーであるジェリーの元へとたどり着きます。最近店から盗まれた車はないかと問いかけるマージに、ジェリーは何とか誤魔化そうと必死になりますが、そのことがかえってマージに不信感を抱かせるのでした。

義父・ウェイド

警察が必死の捜査を続ける中、カールはジェリーに対し報酬の引き上げを要求します。簡単な狂言誘拐のはずが、いつの間にか死亡者が出る大事件に発展してしまったことを知ったジェリーは慄然とするのでした。彼は誘拐犯たちが100万ドルの身代金を要求してきたと義父のウェイドに告げます。ウェイドは誘拐犯との約束の日、ジェリーでは信用できないと言って自ら身代金を持ち、犯人たちとの交渉へと乗り出しました。身代金の受渡し場所にはカールが待っていました。しかし、待ち合わせ場所に現れたウェイドを見たカールは、約束が違うと怒りを露わにするのでした。ウェイドはそれにもめげず、ジーンを解放しなければ身代金は渡せないと主張します。怒ったカールは彼を射殺し、大金の入ったブリーフケースを奪って逐電します。ジェリーが身代金の引き渡し場所に駆けつけた時には、ウェイドの死体が残っているのみでした。ジェリーは死体を車のトランクに詰め込み、現場から立ち去ります。ウェイドから奪った100万ドルを見たカールは、それを独り占めしようと8万ドルだけ手元に残し、残りの大金が入ったブリーフケースを雪原に埋め、アジトへと戻ります。アジトでは人質の見張りをしていたゲアが、暴れるジーンに切れて彼女を殺していました。それでも当初の約束通り8万ドルを山分けしようとします。しかし、報酬として貰った車をどちらが手にするかで口論になり、結果カールはゲアに斧で殺害されてしまいます。

事件解決

一方そのころ捜査中のマージは、何か怪しいジェリーの元を再び訪れていました。事件の真相に近づきつつある彼女の尋問にパニックになったジェリーは、車に乗って逃走してしまいます。部下に行方不明になったジェリーとウェイドの捜索を支持するマージ。さらに彼女は地元のバーテンダーの情報から、誘拐犯たちのアジトを発見しました。そこでマージが見たものは、カールの死体を木材破砕機で粉微塵にしているゲアの姿でした。マージは逃げようとするゲアの足を撃ちぬき、彼の確保に成功します。警察署へ向かう途中、マージは後部座席のゲアに向かって、「どうしてこんなちょっとばかりのお金のために人を殺したのか」「人生にはお金より大切なものがある」と語り掛けるのでした。逃亡中であったジェリーも、しばらく経ってビスマーク郊外のモーテルで逮捕されました。無事に事件を解決したマージ。自宅の寝室でテレビを見るマージに、彼女の夫のノームが彼の絵が3セント切手の絵柄に採用されたと告げます。マージの胎内では小さな命が順調に育っていました。マージとノームはささやかながら、確かな幸せをかみしめるのでした。

キャスト

  • マージ・ガンダーソン・・・フランシス・マクドーマンド
  • ジェローム・“ジェリー”・ランディガード・・・ウィリアム・H・メイシー
  • カール・ショウォルター・・・スティーヴ・ブシェミ
  • ゲア・グリムスラッド・・・ピーター・ストーメア
  • ジーン・ランディガード・・・クリステン・ルドルード
  • ウェイド・グスタフソン・・・ハーヴ・プレスネル
  • ノーム・ガンダーソン・・・ジョン・キャロル・リンチ

スタッフ

  • 監督・・・ジョエル・コーエン
  • 脚本・・・ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
  • 製作・・・イーサン・コーエン
  • 音楽・・・カーター・バーウェル
  • 撮影・・・ロジャー・ディーキンス
  • 編集・・・ロデリック・ジェインズ
  • 製作会社・・・ポリグラム・フィルムド・エンターテインメント、ワーキング・タイトル・フィルムズ

感想

この映画は、コーエン兄弟お得意の誘拐もの映画です。無実の人達がばったばったと死んでいくのですが、本国アメリカではコメディ映画に分類されているのだとか。ちょっとアメリカ人の笑いのセンスには着いていけないところがあります。冒頭から「この映画は実話である」というテロップが流れるのですが、これがもうジョークだというのですから驚きです。確かにこんなに人が死ぬ陰惨な事件が実際に起きていて、それを面白おかしく映画にしていたら非難が殺到するのではないかと思います。とはいえストーリー自体はとても面白く、ちょちょっと誘拐してお金を貰ってラッキー♪となるはずだったのが、ちょっとした手違いで大事件に発展してしまい、結局妻も義父も死んで自分は刑務所に入る羽目になるというお話となっています。先が読めない展開にハラハラドキドキしながらも、あの人もあの人も死ぬの!?と驚愕しながら観たものです。女性署長マージがとてもかっこよくて、大きなお腹を抱えながらも迅速に捜査を進めて行く敏腕っぷりが気持ちよかったです。彼女の夫で画家のノームがちょっと変態っぽいのも面白いですね。コーエン兄弟の映画に共通していることですが、この映画は特に変な人しか出てこない作品だと思います。登場人物全員のキャラが濃いです。特にカール役のスティーヴ・ブシェミは、作中で何度も「変な顔」と言われていてちょっとかわいそうなくらいです。でも何度も言われるうちに本当に変な顔に見えてくるから面白いですね。98分と短めの映画ですが、内容はとっても濃厚で、間違いなくコーエン兄弟の代表作の1つだと思います。

ニュース

世界中、どこにいてもミャンマー語講座の受講が可能。教室への通学が不要。便利に語学を学ぶなら当講座がおすすめ!ミャンマー語オンライン講座COOL ASIA(クールアジア)はただいま無料体験実施中です。

本当の勇気を示せ!~映画「トゥルー・グリッド」~